music.jpのダウンロード方法について気になる女の子

music.jpとは、音楽、映画、ドラマ、そして電子書籍まで、スマホやタブレットで購入して楽しめるサービスのことです。
月額プランがあり、プランの金額に合わせてポイントが付与されるので、そちらを利用して様々なコンテンツをレンタルしたり購入したりすることができます。

サービスの名前に「music」とついていますが、取り扱いは音楽以外も豊富に取り揃えています。
特に音楽も映画も漫画も最新作系が好きなら、検索しやすく最新作や話題作のピックアップも豊富に展開しているmusic.jpと相性ばっちりです。
ちなみに、music.jpはChromecastを利用することで、テレビでも動画を楽しむことができます。
使い勝手の良いサービスになのです!

今回の記事では、music.jpの動画保存に注目して、詳しく解説していきたいと思います。

オフラインでもダウンロードして番組を観られる?

music.jpで提供されている動画は、再生している最中はずっと通信状態になっています。
つまり、本来は圏外になっていない端末、もしくはWi-Fiを接続した環境があって初めて視聴できるということになります。

ただし、music.jpの魅力の1つですが、「ダウンロード可」と表示されている作品についてはダウンロードしてオフラインの環境下でも視聴することができます。
通信状態を気にせずに視聴できるのは嬉しいポイントですよね。

music.jpは映画や電子書籍をダウンロードして保存できる?

動画に関してはダウンロード可と表示されていればダウンロードして保存することもできますが、基本的にはmusic.jpにアクセスして視聴するスタイルのほうが多くなるかと思われます(視聴したい作品にもよります)

電子書籍についてはレンタルなのか期限付きなのかにもよりますが、購入した作品については専用アプリをスマホに入れておくことで、ダウンロードすることも可能です。

music.jpといえば音楽のダウンロードに広く対応していて、音楽については動画や電子書籍よりもダウンロード⇒保存という流れがわかりやすくなっています。

取り扱っている作品数が多い分、例を出すのは難しいですが、ただ、動画については基本的に通信環境が整っていた方が安心です。

music.jpではアプリをダウンロードしないと利用できない?

music.jpはマルチデバイスに対応していますが、スマホやタブレットからいつでもどこでも利用したいなら、アプリをダウンロードするようにしましょう。
アプリのダウンロード方法については、一般的なアプリと同じです。
持っている端末に合わせてダウンロードしましょう。

アプリを入れることで視聴している動画やダウンロードした動画、レンタル中の動画等を管理できます。
最近ではスマホで何かを購入したりダウンロードしたりするには、アプリを入れるスタイルが定番なのでmusic.jpの使用方法も、特別難しいとは感じないと思います。
アプリで管理できるのは、とても便利です。

アプリが起動しない時はどうしたらいい?

場合によってはアプリが起動しないなんてこともあるかもしれませんが、その際確認して欲しいのは、アプリのバージョンです。

music.jpのアプリも、一般的なアプリ同様に時々アップデートが必要になることがあります。
アプリが起動しなくなった場合、もしかしたらバージョンが古くなっている可能性があります。
お手持ちの端末の設定の項目からアプリの情報、バージョンを確認しましょう。
その時、アップデートが必要そうなら、アップデートすれば再び起動するようになると思われます。

アップデートしたのに何故か起動できない場合は、一回端末の電源を落として再起動してみて、それでも改善しない時はmusic.jpのカスタマーセンターに連絡して確認するようにしましょう。

「まとめ」music.jpはダウンロードが出来るビデオ・オン・デマンド


いかがでしたか。
今回の記事では、音楽、映画、ドラマ、電子書籍と幅広いコンテンツを楽しめるmusic.jpについて、詳しくご紹介しました。
music.jpで配信されている動画の中には、ダウンロードしてオフラインで楽しめる作品もあるので、そのようなものを保存しておくとWi-Fiがない場所でも気軽にコンテンツを楽しむことができます。

music.jpは名前の通り、音楽のダウンロードに強く、最新作を探しやすいといった特徴があるので音楽好きに特におすすめしたいサービスです。
気軽にどこでも音楽を聴いたりダウンロードしたり。便利です。

スマホやタブレットで利用するには専用のアプリが必要にはなりますが、アプリを入れておけば管理も楽になります。
時々のアップデートだけは忘れないように対応しましょう!

興味がある方はぜひ、music.jpをチェックしてみてくださいね。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。