Huluの料金発生のタイミングと支払い方法。月額払いはコスパ良し?

低価格で月額性、いいとこ尽しのHuluですが月額料金の支払いっていつなのかご存知ですか?

実はHuluは人により料金が発生するタイミングが違います。そのため少し複雑さを感じてしまいますが、仕組みをよく知れば大丈夫。その料金発生のタイミングから、支払う方法、Huluに関するお金の疑問を徹底的に解説します。

【Huluの月額料金はいくら?】

なんとなく登録している、という方もいるかもしれません。Huluの月額料金、きちんと把握していますか?

Huluは月額933円(税抜)。税込み料金は1007円になります。ほとんど1000円で利用することができ、配信されているコンテンツは約4万作品。もちろん見放題となっています。

動画サービスの中では一概に激安、と言える価格ではありませんがコスパに関してはここからさらにご紹介します。

【Huluのアップグレードプランや作品別の料金請求はある?】

月々約1000円で利用できるHulu。作品数も価格も申し分ないのだが、後々追加料金の支払いがあるのでは、と考えてしまう方もいるでしょう。

ご安心ください、Huluはしっかりと月々税込み1007円のみ。有料作品やプラン変更などの追加料金は一切ありません。1007円を支払うことで、サイト内の全てのコンテンツを楽しむことができる完全月額性となっており安心感はずば抜けています。

動画サービスによっては3つの料金プランが存在したり、最新作の有料配信なんてのも存在。月額料金にプラスして金額を支払うことも珍しくありません。

もちろんそれもまたメリットの1つと言えるもので、最新作をいち早く自宅で楽しむことができますが見たい作品がことごとく有料だった、なんてことも少なくありません。Huluはその分全ての作品を安心して鑑賞することができ、「有料だからやめとこう」なんていうことにはなりません。

【支払いはクレジットカード以外には何がある?コンビニ支払いは?】

インターネットを介した動画サービスということもあり、支払いはクレジットカード払いが主流になっています。もちろん支払い方法はそれだけではなく、いくつか方法があるのもまたHuluの便利な所です。

初めてアカウントを登録する際に「お支払方法」が表示され、自分に合ったものを選択することができます。その中にはクレジットカードはもちろん、「ドコモ」「auかんたん決済」「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」など各ケータイサービスからの支払いも選択できるのです。

さらに現在勢いを高めている「PayPal」での支払いも可能となりますます便利さを増しています。

もちろんネットだけじゃなくコンビニでの支払いも可能。支払い方法の1つに「Huluチケット」というものがあり、これは各コンビニで購入できるものとなっています。コンビニでこのチケットを購入し、チケットに記載されているコードを入力することで支払いが可能となるのです。

【itune決済という方法がある?】

支払い方法は実はもう1つ存在。通称「itune決済」と呼ばれているものです。

これはアップルが提供しているApple TVを利用してのものとなり、itunes Storeで決済を行うことになります。もちろんApple TVからの登録が必要で、これを利用していない人にはあまり関係がありません。

直接Huluへと登録することができるApple TV、解約ももちろんここから行なわければならず中には解約の仕方が分からなくなり料金が発生してしまうなんていう人もいるようです。

itune決済はその他のデバイス、パソコンやスマホでの登録の際には表示がされず存在に気付く人は少ないですがApple TVのように専用のデバイスを利用する人は要チェックです。Huluの公式サービスでもあるので、サイト内の「ヘルプセンター」にしっかりとQ&Aが載せてあります。こちらも合わせて確認してみてください。

【Huluの料金支払いの発生のタイミングは?月途中で入ると日割りになるの?】

登録する人全員が毎月1日に登録、なんてことなら色々と簡単なのでしょうがそうはいかないのが難しいところ。入る日もタイミングもその人それぞれ、だからこそ実際の料金発生のタイミングがよく分からなかったりするのです。

Huluはまず無料トライアルから始まります。2週間のトライアルの最終日、その翌日には次の1月分が発生します。なのでもしもトライアルで終らせたい、そう思う方はトライアル期間中の解約が必要です。

料金の発生は翌日、そして請求はそれから1か月後となり毎月公式で決まった日が定められていません。登録したその人によりタイミングが変わってきます、ということは月途中で入っても同じなのです。

つまり料金の発生、請求は人それぞれながらタイミングは全員が共通しているということ。もしそのタイミングをコントロールしたいのならば、無料トライアルを始める日を考えなければいけません。

【解約したら料金払いはどうなる?絞め日はいつになる?】

ではもしも解約した時はどうなるのか、解約を勧めるわけではありませんがここもしっかりと解説していきます。

Huluは月額定額制というシステムを採用していながら、毎月きっちりと使い続ける必要がありません。どういうことかというと、途中解約をした場合でも日割りで残った日数分だけ料金が返ってくるのです。

例えば、1日に無料トライアルを実施、2週間が終わり15日から料金が発生するとします。ここからずっと同じタイミングで料金が発生しますが、数か月後の30日に解約手続きをしたとすると、残りの半分15日分の料金約500円が返金されることになります。

これは解約の手続きを取った時点でHuluからメッセージが届き、返金手続きを行う旨が知らされることで正確な料金を知ることができます。入りやすく、退会しやすい非常に親切なシステムです。

さらにHuluには登録しながら料金を発生させない方法も存在しています。これは長期間Huluを利用することができない人、その後戻ってくる人のためのサービスで利用の制限と料金発生の制限を行ってくれます。解約前に1度こちらを試してみるのもいいかもしれません。

【Huluの料金を未払いにしているとどうなる?絶対にしてはいけない事!】

Huluに限らず料金未払いは気を付けなければいけません。

Huluチケットなど利用は先にコンビニで料金を支払うため大丈夫ですが、一般的なクレジット払いとなると残高不足による未払いが発生することがあります。

もしも未払いとなった時どうなるのか、それはHuluを使っていればおのずと分かるはずです。ある日突然使えなく、動画が再生できなくなる、これがHuluが止められた時のサインと考えて間違いないでしょう。ネット環境などの状況も考えられますが、1度クレジット状況を確認をするのも必要です。

クレジットの状況が整ったならもう1度公式サイトからアカウントページへ進み、改めてクレジット情報を入れる必要があります。その際には再開に伴い1月分の料金が発生してしまいます。

Huluを利用するにあたり、絶対にしてはいけない事というのが存在します。非常に簡単な内容で滞納、規約違反となる作品のダウンロードなどです。ダウンロードにはそれ相応の罰則がありますが、滞納に関しては今のところそれほど大きな罰則は報告されていません。

しかし快適に利用するならばやはりしっかりと料金を支払いたいところ、もしクレジットが無理そうだと感じたなら先払いとなるHuluチケットなどを利用するのも1つの手です。

【Huluと他のビデオオンデマンドの料金を比較してみた】

Huluの料金に関するシステムを調べたので、今度は他のビデオオンデマンドの基本料金も知っておきましょう。色々なサイトを比較することでそれぞれの良さを知ることができるはずです。

まずは追加料金無しの完全定額サービス。

「Hulu」、933円(税抜)。追加料金無しの定額プランが1つ、作品全て見放題。トライアル期間・14日間。
「Netflix」、650円・950円・1450円(税抜)。画質の異なる3つのプランから1つを選択。トライアル期間・1ヶ月間。

追加料金、「PPV」ありのサービス。

「dtv」、500円(税抜)。低価格ながら有料コンテンツも豊富なサービス。トライアル期間31日間。
「u-next」、1990円(税抜)。割高ながらコンテンツの豊富さはピカイチ。トライアル期間31日間。
「Amazonプライムビデオ」、400円(税抜)。年会費3900円と1年を通して見ると非常に低価格なサービス。トライアル期間30日間。

Huluとそれ以外のサービスを比較すればどこにメリットありデメリットがあるのかすぐ分かります。ここでは料金の比較に焦点を当てていますが、他にも違った点は様々です。

配信作品の中身で見るか、サイトのサービスで見るかは人それぞれ。じっくりと比較してみてどのサービスを利用するか検討してみてください。

【まとめ】

インターネット上の料金システムは非常に複雑。なのであまりじっくりと見る事もないかもしれません。しかし問題が発生してから焦るよりは事前に情報を収集しておくことも必要です。

Huluは幸いそこまで複雑な料金システムを取ってはおらず、参加しやすく退会しやすい親切な作りになっています。1度ざっくりとでもシステムに目を通せば、今後より安心して楽しむことができるようになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です